Tyrell (タイレル) ミニベロ

ミニベロラインナップMINI VELO LINEUP

Tyrell LooX

165,000 (税込)

信号が多い街中や狭い路地も、漕ぎ出しが軽くて走りやすいミニベロモデルをマルチユース化。 フェンダーやキャリア装着を想定したフレーム設計は同時に、装着できるタイヤの選択肢を増やします。 バスケットを付けて通勤や買い物などのタウンユースを快適にすることも、またタイヤを替えてアウトドアや未舗装路をアクティブに楽しむこともできます。 デイリーユースからサイクリング、アウトドアまで、一人ひとりのユーザーが描く楽しさに合わせて拡張できるのがLooXの最大の特徴。 折りたたみしないからこそ得られる剛性感と耐久性も大きなメリットです。 もっと自由に、楽しく。日々の生活にLooXが掛け合わさって生まれる楽しさは、無限大に広がります。

詳細はこちら

Tyrell SRV

184,000 (税込)

AL7005アルミフレーム、軽量フルカーボンフォーク、完成車重量8.3kgのハイスペックバイクながら、驚きの価格を実現したSRV。 主要なフレーム材量を上位グレードのモデルと共通化する事で、専用の材料を用意するコストをカット。 性能とスタイルで高い評価を得ていたSVのリバイバルとすることで開発コストを最小化など様々な努力を重ね、 フレームの性能に関わる部材には、ダウンチューブ、シートチューブはCSi、トップチューブ、ヘッドチューブはFXのフレーム材の使用、 フルカーボンフォークはPK1と同等品を使用し、フレームのパフォーマンスには一切の妥協は有りません。 ミニベロらしいスタイルを求めて、ホイールサイズは406を採用。 ハイパフォーマンスが滲み出るフレームに、ファニーな406のミニベロルックが、SRVにしかない魅力的なルックスを生み出します。

詳細はこちら

Tyrell CSI Flat

308,330 (税込)

世界中の走り屋に愛される、 ピュアストリートレーサー。 Tyrell CSiをメインコンポ shimano Tiagra(4700)で組み上げたフラットハンドル仕様 。 小径車であることを忘れさせる、軽くしなやかに飛ぶような走行フィーリング。 フレームセット重量2.2kg(フォーク含む)は、Tyrellの製品ラインアップ中で最軽量。 フレームのフロント部分がAL7005アルミ合金製、リア部分はカーボン製のハイブリッドフレーム。 アタッチメントを交換することで、機械式コンポと電動変速コンポの両方に対応可能。 剛性感が高くガッチリとしたフロントフレームに、カーボンのしなやかさが活きるリアフレーム&フロントフォークの組み合わせは、 ペダル入力に対して軽やかに反応し、飛ぶような走行フィーリングが得られます。 強烈な加速感を持つ個性的な「PK1」に対して、軽くしなやかでバランスの取れた走行性を持ち「トータルバランスのCSi」と言えます。 小径車であることを忘れてしまう程の走行性が、世界中の走り屋から愛されるストリートレーサーです。

詳細はこちら

Tyrell CSI Drop

335,500 (税込)

世界中の走り屋に愛される、 ピュアストリートレーサー。 Tyrell CSiをメインコンポ shimano 105(R7000)で組み上げたドロップハンドル仕様。 小径車であることを忘れさせる、軽くしなやかに飛ぶような走行フィーリング。 フレームセット重量2.2kg(フォーク含む)は、Tyrellの製品ラインアップ中で最軽量。 フレームのフロント部分がAL7005アルミ合金製、リア部分はカーボン製のハイブリッドフレーム。 アタッチメントを交換することで、機械式コンポと電動変速コンポの両方に対応可能。 剛性感が高くガッチリとしたフロントフレームに、カーボンのしなやかさが活きるリアフレーム&フロントフォークの組み合わせは、 ペダル入力に対して軽やかに反応し、飛ぶような走行フィーリングが得られます。 強烈な加速感を持つ個性的な「PK1」に対して、軽くしなやかでバランスの取れた走行性を持ち「トータルバランスのCSi」と言えます。 小径車であることを忘れてしまう程の走行性が、世界中の走り屋から愛されるストリートレーサーです。

詳細はこちら

Tyrell PK1 Di2

762,238円〜 (税込)

強烈な加速感と走行感、圧倒的な存在感を持つ唯一無二のミニベロ。 ミニベロのメリットを最大化、ペダル入力に即応する加速感の個性派。 自転車に最適化された、Ti-3AL2.5Vチタン合金のダブルバテッドチューブとTi-6AL4Vチタン合金の削り出しパーツをフレーム材として使用するフレームは、 素材の質感がそのまま楽しめる未塗装でご用意。 Tyrell独自のスラントデザインフレームと相まって、ハイエンドモデルであることを見るものに主張します。 PK1の本質はルックスではなく、個性的な走行性にあります。 ミニベロのメリットを最大化したフレーム設計でミニベロの限界まで磨き上げた走行性は、 ペダル入力に対して即応する強烈な加速感を持ち、あまりにも強烈な個性は一度乗ってしまうと忘れることが出来なくなる程……。猛毒に侵される快感を貴方に。

詳細はこちら