TREK (トレック)

TREK (トレック)とは

TREK

TREKは1976年にアメリカで創業したスポーツバイクの総合ブランド。

自転車に詳しく無い方でもスポーツニュースなどでご存知でしょう。 あのツール・ド・フランスで1999年〜2005年まで7連勝と言う偉業を達成したランス・アームストロングにバイクを供給し、 現在は2007年のツール・ド・フランスに続いてジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャと3大グランツールを制覇した アルベルトコンタドールへバイクを供給する世界のトップブランドです。

2009年のツール・ド・フランスでは個人総合優勝のアルベルトコンタドールを含め、 トップ10に入った3人もの選手がTREKのMadoneを使用しています。 業界最高の開発力、技術力で常に他社の一歩も二歩も先を行き、 生涯保証のフレームなど、そのクオリティーの高さは抜群ですから、 全てのスポーツバイクはTREKを基準にすると良いと思います

TREK (トレック)の歴史

■ 1976年
ウィスコンシン州ウォータールーにある貸し倉庫から始まり、 5人の従業員でハンドメイドのスチール製バイクを作り始めました。

■ 1980年
トレックの人気と生産はとどまる所を知らず、 秋の収穫と同時に、前の貸し倉庫のすぐそばにある とうもろこし畑に新たな会社を築き上げる

■ 1982年
軽量チューブであるレイノルズとコロンバスを使用した ロードレーシングバイクシリーズの750と950がラインナップに加えられる。

■ 1983年
アメリカでマウンテンバイク革命が起こり、 最上級フレームのデザイナーであったティム・アイザックが 堅固なスチールフレームMTBの850を発表すると同時に カリフォルニアで行われるWhiskeytown Classicと言う大会で使用される。

■ 1985年
航空宇宙産業と提携を結び、ロードバイクの2000は航空宇宙技術を 生かした最初のバイクとなる。

■ 1987年
前三角にラグ構造のカーボンチューブを使用した2300を世に出し。 翌年には後ろ三角もカーボンチューブを採用した2500をリリース。

■ 1992年
革新的なカーボン製法の「OCLV」を発表。 この製法では、宇宙航空産業の厳格な基準を上回る精度の フレームを作り出す事が可能となり、5500、5200は 世界最軽量のロードバイクとして話題を集め、 ツール・ド・フランスの歴史を塗り替えた アメリカンロードの代名詞となる。

■ 1993年
マウンテンバイクの生みの親であり、その型破りな才能の 持ち主として称えられたゲイリー・フィッシャーがトレックの 傘下に入る。

■ 1995年
OCLVカーボンを使用した新たなフルサスペンション「Yバイク」は その革命的なフレームデザインで自転車国内に大きな衝撃をもたらした。 かつて無い斬新なトライアングルフレームは後に最も評価の高い マウンテンバイクの一つと認められる。

■ 1997年
トレックとUSポスタルチームはガンとの診断を受けた ヨーロッパチームを解雇されたランス・アームストロングと契約を 結ぶ。しかし、元世界チャンピオンであるランスを言え、 病気を抱える彼がレース界に復帰できるのかどうかは誰にも判らなかった。

■ 1999年
ランス・アームストロングがTREK5200を使用し、 ツール・ド・フランスで総合優勝を果たす。 アメリカチーム所属でアメリカ製バイクを使用してツールを 優勝した初のアメリカ人となった。ランスの絶大な影響力により OCLVカーボンの5200はそれまでに最も売れたロードバイクになる。

■ 2000年
女性サイクリストの増加を受け、新たに女性用バイクの「WSD」と アクセサリーを開発し、ラインナップに加える。

■ 2002年
ティム・デブーンがトレックのTTバイクに乗り、 ハワイ島コナで行われたアイアンマン世界選手権で2年連続チャンピオンとなる。

■ 2004年
トレックと、ランス・アームストロングは新モデルのMadone SLを 実戦へ選考投入し、ツールで圧勝。ツール・ド・フランス6大会連続 総合優勝を果たす。また、新作のボントレガーレースXXXライトOCLV ホイールを披露する。

■ 2005年
2005年シーズンで引退したランスは前人未到のツール・ド・フランス 7連覇を成し遂げる。トレックはこの偉業を達成させる為に OCLVボロンを使用したTTXタイムトライアルバイクと マドンSSLXを発表。レースで使用する物を製品化するという 理念の下、翌年には両モデルが販売される。

■ 2006年
1200坪にも及ぶ新工場をトレック本社に増設。 とどまる所を知らないカーボン需要にも対応できるように OCLVカーボン専用の生産部門を増やし、これに合わせて 開発、研究部門も拡大した。

関連リンク