ロードバイク | ベーシックタイプのおすすめモデル

サイクリングロードの走行やレースエントリー、ヒルクライムなどオールマイティーに使用できる最もベーシックなロードバイクの中からお勧めのモデルをご紹介しています

ロードバイクラインナップROADBIKE LINEUP

TREK Domanea AL 2 2019

79,000 (税別)

ロードバイクのエントリーモデル。スポーツ自転車に触れた事の無い方がメンテナンスや乗り方、取扱いを覚える入門用の一台としてお勧めです。

詳細はこちら

JAMIS VENTURA SPORT

89,900 (税別)

上位モデルのノウハウを基にホビーライドでも早く快適にライディングできるアルミフレームパフォーマンスロードシリーズのVentura(ベンチュラ)。 アルミフレームロードの小気味良い加速感を味わいながらシートステーに扁平加工を施し、スピードは維持したまま突き上げ感を緩和する恩恵のおかげで疲れも少ない。 連日の新たなロードライドや長距離のロングライド時でも楽しく進んで行ける。

詳細はこちら

TREK 1.1 2017

96,000 (税別)

ロードバイクのエントリーモデル TREK 1.1。 生涯保障のTREKのロードバイクを10万円と言う予算で購入出来るのは嬉しい限りですね。 ママチャリとは、「自転車」と言うカテゴリーでは同じでも、似て非なる物ですから、 スポーツ自転車を全く触った事も無い方の場合は、 乗り方、空気、注油、手入れ、保管など、 最低限覚えなければならない事がありますので、 それらを覚える入門用の一台としては最適だと思いますし、 通勤や通学でロードバイクをお探しの方にピッタリです。 仕様は、50t/34tでダブルのチェーンリング、ハンドルブラケットから手を離さずに変速出来るSTIレバーなど、 ロードバイクの基本は抑えていますから、 一先ずこれで実績をつけてから、大蔵省にグレードアップの交渉をするのも一つの手だと思います。

詳細はこちら

TREK Domanea AL 3 2019

98,000 (税別)

耐久性、乗り心地など非常にバランスの良いフレームにメンテナンス性の良いコンポーネントを装着。通勤や通学にもお勧めです!!

詳細はこちら

JAMIS VENTURA RACE

125,000 (税別)

上位モデルのノウハウを基にホビーライドでも早く快適にライディングできるアルミフレームパフォーマンスロードシリーズのVentura(ベンチュラ)。 アルミフレームロードの小気味良い加速感を味わいながらシートステーに扁平加工を施し、スピードは維持したまま突き上げ感を緩和する恩恵のおかげで疲れも少ない。 連日の新たなロードライドや長距離のロングライド時でも楽しく進んで行ける。

詳細はこちら

TREK Emonda ALR 4 2019

135,000 (税別)

カーボンバイクを凌駕する「軽量性」と、これまでアルミニウムでは達成できなったカーボンフレームに近い「ライドクオリティー」を実現させ、 トレック史上最軽量で最高のライドクオリティーのアルミロードバイクです。通勤や通学などの実用がメインではなく、スポーツとしてロードバイクを楽しみたいと言う方にお勧めのスポーツエントリーモデルです。 こんな金額でこんなに美しいフレームのバイクに乗れるなんて、幸せな時代だな〜とつくづく感じます。フレームだけで120,000円するのに...

詳細はこちら

TREK Emonda ALR 5 2019

172,000 (税別)

20万円のご予算でロードバイクをお探しの方に絶対的な自信を持っておすすめできるのがこの Emonda ALR 5 です。と言うより、これを選ばないで他に何を選ぶの?と言う感じです。 56cmサイズで完成車重量 8.7kg と言う脅威的な軽さと、カーボンフレームに近い「ライドクオリティー」を実現させた究極のアルミロードバイクです。 コンポーネントはSHIMANO 105がアッセンブルされておりますので、上級者になるまでは不満を感じないと思いますが、そんな事はハッキリ言ってどうでも良いです。 KLEIN譲りのアルミフレームなのに溶接痕が無いカーボンバイクのような滑らかな仕上がりと、パープルの方は見る角度によって色が若干違って見えるマジョラーのような塗装。超絶カッコいいです。

詳細はこちら

TREK Emonda SL 5 2019

223,000 (税別)

できるだけ少ない予算でカーボンバイクに乗りたい!!と言う方にオススメのモデルがこの Emonda SL 5です。 私が作った訳ではありませんが、これを見てしまうと他のブランドの物は全く眼中に入らなくなってしまうと言うほどの自信作!! 内容自体はめちゃくちゃ凄いのですが、TREKとしてはもはやこれが当たり前になってしまったのか、凄く普通で無難です。 見た目も普通で性能もとんがった部分が無い優等生的なカーボンバイクです。 アルミのロードバイクを乗られていた初心者の方が、「カーボンって乗り心地良いね」と思って頂けるような マイルドな乗り味で、誰もが全てのシュチュエーションで快適に本物のロードバイクを楽しめると言う人気車種です。 ちょっと前までは500シリーズのOCLVカーボンは30万円以上していましたから、めっちゃお買い得です。

詳細はこちら

TREK Emonda SL 6 2019

312,000 (税別)

数ある2019年モデルのロードバイクの中で、重量、価格、性能、デザイン、カラーリングなど全ての面において最高の仕上がりだと思います。 金額自体は決して安くはありませんが、このバイクが312,000円と言うのは激安だと思います。 メカニックと言う視点から見ても、ライダーと言う視点から見ても、とにかく凄いロードバイクです。 久し振りに自分用に欲しくなりました。メチャクチャ格好良いです!!これは半端じゃ無いです。

詳細はこちら

TREK Emonda SL 6 PRO 2019

417,000 (税別)

Emonda SL 6にBontrager Aeolus Pro 3のカーボンホイールを取り付けたモデル。ヒルクライム好きにはたまらないと思います。 ホイールを後からアップグレードする事を考えたら随分お買い得になりますので、 自転車を買っただけでは飽き足らず、色々パーツを変更したくなっちゃうタイプの方は、結果的に安上がりになるのではないでしょうか?

詳細はこちら